天然水かろ過水(RO水)か

天然水かろ過水(RO水)か

主な宅配水は、大別して大きく3つのタイプに分かれると思います。


まず、「天然水」かそうでないかで分けられます。

「天然水」は文字通り、自然に存在する水を汲み上げてボトルに詰めたものです。ナチュラルウォーターとも呼ばれます。

   *ナチュラルウォーターのうち、一定のミネラルが含まれるものを
    「ナチュラルミネラルウォーター」といいます。
    天然水の宅配水のほとんどは「ナチュラルミネラルウォーター」だと思います。

これに対して、水道水やその他の飲料水を、フィルターでろ過して不純物を取り除いたお水も宅配水としてよく取り扱われています。これを当サイトでは「ろ過水」と呼んでいます。

最近の宅配されている「ろ過水」は、大抵、「逆浸透膜(RO膜)」という非常に目の細かいフィルターでろ過されており、本来なら体にとって有用なミネラル分まで水から除去される程で、水だけに近い状態になります。(これをRO水と呼びます)

そこで、一般的な宅配「ろ過水」では、フィルターした後で、いくつかのミネラル分を加えてバランスを整えています。

一方、フィルターしたそのままの状態で宅配されるお水もいくつかあり、それらは「純水」とか「ピュアウォーター」とか名づけられています。


「天然水の方が自然でよい」という人もいるでしょう。お値段的にはこの「天然水」の宅配水が一番高いように思います。しかし、天然水にはいろんな成分が含まれており、水源によってその内容は異なります。これらの成分がお水を美味しくしているというのも事実ですし、体に良い成分が含まれているというのも事実ですが、一方で個々人にとって不都合な成分が含まれている可能性も否定はできません。そういう点に敏感な方は、しっかりフィルターを通し、成分をコントロールした「ろ過水」を選ばれればいいと思います。

また、赤ちゃんのミルクを作るときのお水などには、真水に近い「ピュアウォーター」等を選ばれる方が多いようです。
抵抗力のない赤ちゃんには、やはり余計な成分が含まれないことに越したことはないですからね。

お薬を飲む場合のお水としても、薬効成分と相互作用が生じる恐れが最も小さいピュアウォーターがよいかもしれません。