電気代が安くなるウォーターサーバー

電気代が安くなるウォーターサーバー

 

ウォーターサーバーの電気代は、一般に月1000円くらいです

 

この金額を聞いてどう感じましたか?
私的にはそれほどでもないという感じだったんですが。
(だって、今でも電気代は1月あたり1万円以上、冬にガンガン使うときは2万円にもなりますので(一家五人だから高い方かな?))

 

しかし、中には「もっと下がらないのか」って思う人もいるでしょうね。

 

そういうニーズに答えるべく、宅配水業者の中には電気代が安くなるウォーターサーバーを提供しているところもあります。

 

 

電気代が安くなるウォーターサーバーは、大別して2種類あります。

 

一つは、

 

1.一般のサーバーと同様、冷水・温水が出てくるが、自動(センサー)で、
   もしくはボタンを押すと、湯温を少し低めにして節電するサーバー


 

です。「節電機能」とか「エコ機能」と呼ばれていますね。機種にもよりますが、だいたい、通常のサーバーの15−30%電気代が節電できます。

 

二つ目は、

 

2.温水機能がなく、冷水および(あるいは)常温水だけを
   サーブするシンプルなタイプのサーバー

 

です。

 

 

ちなみに、後者のタイプのようなウォーターサーバーがあるのなら、「冷温水が両方出る一般のサーバーでも、温水スイッチを切って使えば電気代が節約できるやん」という人もいるでしょう。

 

だけど、その場合、タンク内に雑菌が繁殖するリスクがあります。宅配水業者でも、そのリスクをかんがみ、温水スイッチは切らないように通常は指導してます。

 

2のタイプのサーバーは通常作りがシンプルで、タンクがなかったり、ボトル交換の都度清掃できたりするからOKなんです。だけど、一般のサーバーではタンク内まで清掃は構造上できないですよね。なので、自己責任でやるというなら止めませんが、あまりお奨めできません。

 

 

というわけで、電気代を節約したいなら、上記の2つのタイプのサーバーのいずれかを利用すればよいでしょう。

 

以下では、節電機能(エコ機能)を備えたウォーターサーバーを提供している宅配水業者をご紹介しておきましょう。

 

  *温水機能のないシンプルなサーバーについては、こちらをご参照ください

 

節電(省エネ)機能がついたウォーターサーバーを提供している宅配水

サービス名称 水タイプ ボトルタイプ サーバー料金
フレシャス 天然水(富士) エアレスパック 無料
KIRINアクウィッシュ 天然水(富士) エアレスパック 無料
イワタニ富士の湧水 天然水(富士) バッグ・イン・ボックス 762円(税別)北海道は1028円
クリティア 天然水(富士) ディスポーザブルボトル 無料
プレミアムウォーター 天然水(富士) ディスポーザブルボトル 無料
ユニマット 天然水(山梨県塩山、山梨県忍野村) バッグ・イン・ボックスディスポーザブルボトル 無料
MCMのめぐみ 富士忍野と阿蘇の水をRO膜でろ過した後、MCM(100種類の海洋ミネラル)を添加 ディスポーザブルボトル 無料
コスモウォーター 天然水(富士、京都、大分日田、島根) ディスポーザブルボトル 無料
アクアクララ ROろ過水 リターナブルボトル 1500円(税別)/月
クリクラ ROろ過水 リターナブルボトル

初回のみ一時金5000円(税別)
*別途1年ごとにメンテナンス料5000円(税別)

うるのん

天然水(富士朝霧高原)
&ピュアウォーター

ディスポーザブルボトル

103円/月
*但、プランにより1028円