ボトルのタイプ

ボトルのタイプ

宅配水のウォーターボトルは、大きくわけてリターナブル・ボトルとディスポーザブル・ボトルにわけられます。

 

リターナブル・ボトルは丈夫な硬い材質で出来ていて、空になると業者が回収してくれます。

 

一方、ディスポーザブル・ボトルは軟らかい材質で出来ていて、空になると折りたたむことができ、利用者が資源回収ゴミとして捨てるタイプのボトルです(一部の業者では郵送で返却することになっています)。ボトルの回収がありませんから、ワンウェイ(一方通行)タイプなどとも、使いきり容器などとも言われています。

 

リターナブル・ボトルはゴミが出ませんが、小さくできませんので回収まで少し場所をとることになります(でも、どうせ満タンのボトルを置くスペースは必要ですからあまり気になりませんが)。また、回収に業者が来るときに在宅していないといけないか、不在のときにも業者が引き取ってくれるサービスを提供している(そして不在のときにボトルをやり取りできるスペースが屋外にある)ことが必要です。

 

一方、ディスポーザブル・ボトルは資源回収ゴミが少し出ることにはなりますが、場所をとらず、回収の事を気にする必要もないので、こちらの方が利便性は高いように思います。ただ、おおむねディスポーザブル・ボトルの方が、ボトルあたりの料金が高くなるように思います。

 

ボトルの大きさは12リットルのものが最も一般的です。ただ、女性や高齢者にとっては12リットルのボトルは重くてウォーターサーバーにセットするのがちょっとしんどいかもしれません(業者が配送時にセットしてくれるところもありますが)。そういう点に配慮して、7リットルとか8リットルの小さなボトルの製品もラインナップしている業者もあります。

 

さらに、最近はボトルではなく、ビニールパック(フィルムパック)でお水を配送する業者も出てきました。ビニールパック(フィルムパック)も、ディスポーザブル・ボトル同様に資源ゴミとして廃棄できますし、ボトルよりもさらに小さく折りたたむことができ邪魔になりません。また、サーバーに設置して水を使用するにつれて小さくなり、ボトル内に入る外気を極力減らせるので、雑菌混入リスクも小さくできるというメリットがあります。ビニールパックの場合、その強度から考えてあまり大きくは出来ないので、やはり10リットル未満の小さめ単位での提供になります。